花嫁の父

結婚式の装花も仕上げぐらいから

余裕が出てきてやや周りが見渡せる。

一番忙しそうなのは、花嫁の母。

では父親は果たして何をしているか?

そう、なんにもしていない。

あっち、こっちぶらぶらして

それも飽きると、外へ行く。

座っていたら、用事を言いつけられるのか・・・

いつみても手持ち無沙汰。

そしてやがてくる花嫁と歩くバージンロードの

リハに呼び出され、間違いなく全身固まる。

花嫁の父は一生分の緊張をここで発揮するわけだ。

一方で母親はいつの時代も肝が据わっているのだ。

テキパキと働きいつのまにか留袖に変わっている早業。

いつみても微笑ましい風景だわね。

 

ママになってもミニが似合う素敵ママ。

お花も迷いなく自身の美意識にそった作品が出来上がります。

素敵だわ。

 

★11月レッスンスケジュールこちらから。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。