Caomさんとの思いがけない出会い

 

横浜からのお問い合わせがあったNさんがCaomさんだとは

まったく知らなかった私。

ところが遠くパリから由美さんがおしえてくれてこれまたびっくり。

昨日初めてお会いしてお互いの素性を紹介しあったことから

はじまったレッスンでした。

市場に行く前に作品を見て可愛らしいものがお好きかなと

思って選択した花。

実際は結構毒ッ気のある色もお好みだと聞いて

これはやりがいがあるぞ・・・と思った次第でした。

 

   大きなブーケにチャレンジしたいというご希望でしたので手の中に入りきれないほどの

ブーケから・・。

市場がまだしっかりとしたセリが出来ていなくて苦労しました。

今回は色を見せることに重きを置き大きくても重たくならずに

空気感を出すようにしましょうと。

一度目より2度目・・・さすがプロです。

時間も短くてバランスよく仕上がってこの通り。

2つ目はハンドタイトの小ぶりのキャスケードタイプのナチュラルブーケ。

可愛らしい雰囲気を出したかったので2種のバラとべルテッセンで流れを出して

紫陽花も使いました。

3つ目は白と黒ではっきりとしたプチブーケ。

そしてオプションにシャンぺトルとしてレースフラワーと

普段はあまり使わないブブレリュームと白いバラ。

何も言わずともこれだけの出来上がり、さすがでした。

遠くから来ていただいてしかもプロの方にお教えできるなんて

光栄です。

自分にはない特徴をもったフローリストとの交流はとても

素敵なことだと思います。

それをさっとやってのける素直さと行動力に

Caomさんのこれからののびしろを見た感じがしました。

ちょいとばかり(かなり)年上の同業者の率直な感想です。

笑顔の絶えなかったあっという間の一日でした。

きっと横浜の生徒さんも笑顔でいっぱいのお教室でしょうね。

そんな気がして後ろ姿をお見送りしました。

本当に遠くからありがとうございました。

またぜひいらしてくださいね、お弁当おいしかったでしょ?

 

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。↓
にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジメントへ
にほんブログ村いつもご協力ありがとうございます。励みになります。<

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。