コスモスの風景

 

 

私のコスモスの思い出話。

恋愛ものではありませんが、おつきあいください。

貧乏学生の東京生活、課題を仕上げるために家路(狭いアパート)を急ぐ

秋の夕暮れ・・・線路沿いにこちらへ歩いてくる

親子連れ(父と娘5歳くらい)に声をかけられた。

父・・「この辺に食堂はありませんか?」

貧乏学生・・「駅の近くにありますよ、たしか」

私は駅の近くでコロッケを買い

温かいうちに食べたいと握りしめていた。

すると

父・・「お金がないから食べにいけないので金をください・・」

一瞬意味が分からない、コロッケを差し出そうともしたけれど

 女の子の顔がちらつく

貧乏学生・・・「は?・・お金ですか?えーあのー・・」

戸惑いながらもごそごそと財布からなけなしの1000円を取り出し

貧学・・・「これでいいですか?」

父・娘・・・「ありがとうございます」

       娘に目をやりながら女の子が

       握りしめていた手のなかでしおれかかったコスモスを

       私に黙って差し出した。

20歳の田舎娘の私には衝撃的な出来事で、東京は色んな人がいるなと

つぶやきながらなかばあっけにとられて、中央線の荻窪駅の線路沿いを

コロッケとコスモスを両手に歩いたという切ない思い出です。

なんで私に声をかけたのか?

コロッケの匂いでひきよせられた?

でもあの1000円で暖かい物でも食べられたならそれでよし!

次の日コップに挿したコスモスは

いつのまにかピンと上を向いてくれていた。

       終わり

というまあ、どうでもいい話ですが、

だまされたんじゃないの?

田舎もんだから声かけやすかったのよ。

女の子は本当に親子?  色々言われましたけど

あの子は空腹でも道ばたに咲いた花がきれいで摘んでうれしかった

そして成り行きでこうなったこの状態での精一杯のお礼だったんだ。

それだけで十分な気がします。

 

 

 

インスタでもアップしましたがとてもきれいな作品ですので

こちらでも。

こんなに立派なコスモスではなかったけれどゆらゆら揺れる

コスモスは夏の終わりを告げて冬が始まる間の小さなメッセンジャーですね。

 

 

 

 

 

 

 

松茸騒動

ゴルフコンペで松茸がgetできたぞ!!

鼻息荒く電話があったので、早速ハモ、エビ、銀杏等

百貨店の地下に走った。

松茸ご飯もいいかな?

保存方法は寿司屋で秘策を聞いたので

10日は持つな、しめしめ・・。

と想いながら、心待ちにしておりましたら

あらあら手ぶらです。

聞けば同じラウンドで、来客ありの話を聞いて持っていってもらったとの事

まあ仕方ない、白いご飯にハモの吸い物で主役なしの

夕食となりました。

お楽しみはちょっと先に延ばしましょうか・・・。

こちらは主役のダリアが遠慮がちですが、万作も

コスモスも鈴バラも良いバランスでいい味出してくれています。

ごちそうさまでした、

ではなくて素敵な仕上がりでしたと言わねばなりませんね。

 

 

台風の夜

 

がたっと音がしてン?泥棒?息子が夜中の帰還?

寝ぼけながら気がつく、

そうだ、台風が近づいているんだった。

時折吹く大きな竜巻のような風の音

子供の頃はこれに停電も起きたもの。

大人がそわそわと家の外や万が一に備える

様子が子供心にうきうきとしてしまったあの頃の

心が蘇る。

大きな地震も経験していなかったあの頃は

台風が大きな天災だった。

地震が大地の地盤を変えより大きな災害に

変わっていく昨今

台風一過のあの天高い青空と澄んだ空気

一掃してくれる道路

すごい風でしたね・・と笑いながら玄関先を

掃除する穏やかな時を待ち

最小限の被害に収まりますようにと

祈るばかりです。

夏ハゼとダリアとグロリオサ

秋は紅の色もたくさんあるようで

今しか出来ない組み合わせを楽しんでおります。

 

9月レッスン

10月レッスンまだ空きがございます。

よろしければ秋を束ねましょう、ご一緒に。

 

 

 

 

 

器用不器用 得手不得手

なんだか中国語みたいな羅列になってしまいました。

レッスンが始まり、さあ、きれいに片付けた完璧だわ・・・

のつもりでもどこかすっきりしていない。

そうです、根っからのきちんと整理派ではないのです。

掃除をしてくださる生徒さんの段取りの良さに

見とれて、花を褒めるのを忘れて掃除が上手ですねとか

言ったりする。あらあら。

そして手先も決して器用ではありません。

ヒモを結べばすぐにほどける

大根を切れば、揃っていない。

掃除に始まり掃除で終わり、ラッピングもあるこの仕事を

生業としているのが不思議なくらいです。

そういえば信じられない事に

パリの由美さんも不器用だったとおっしゃっていました。

結局好きな事を続けていける熱意!

それが得手という事じゃないかしらと

どうしたらうまくできるようになりますか?

という問いへの私なりの当たり前すぎる答えでありました。

 

オレンジのダリアと万作、コスモス、

ヘンリーディーンの茶系の器に秋の花が映えます。

 

万作とダリアのブーケ

今朝、

久しぶりにお会いする皆様とのレッスンの楽しいこと。

夏休みはそれなりに忙しかったものの

緊張感が違います。

市場の草花の匂い、水揚げ後に生き生きとする花の生命力、

秋の花の実の可愛さ。

 

こうしてブログを書く机の前もコスモスが揺れています。

紅いダリアと紅葉した万作がいい味出してますね。

稲穂はすぐに折れてしまうほど繊細で扱いが難しいですね。

でも収穫の秋にこれは外せないと使って下さいました。

 

 

10月レッスンのお知らせ

久しぶりの花市場。

すっかり秋色に模様替えされていて、しばし見とれておりました。

お花に触りたいというご希望が多く明日からの秋学期が

待ち遠しいのは私も同じでした。

 

     ◎ 10月のレッスンスケジュールです。

10月10日 火曜日  10:00

10月11日    水曜日  10:00

10月14日   土曜日  10:00

10月21日   土曜日  10:00

10月24日   火曜日  10:00

10月25日   水曜日  10:00

いずれも定員5名です。

午前中のみになりますが都合の悪い方は調整いたしますのでご連絡ください。

体験レッスンも随時受け付けております。

今月は

A   〜秋の庭を パニエで〜

B   〜テーブルを飾る ウェディング〜

C   〜秋のシャンペトル〜

この中から選んでいただいてレッスンいたします。

basicのみAの選択になりますが、ご希望でB、Cへの変更も可能です。

皆様の笑顔が目に浮かぶようなお花を作りましょう。

 info@verdir.jp   または080-4232-4433までお電話ください。

 

 

 

今月のみ第4土曜日のレッスンがお休みになります。

教会ウェディングの装花があります。

またご報告させていただきますね。

 

一足お先に秋のコンポジション

 

ひと月お休みしている間にすっかり秋の花に様変わり。

腕を出す服から長めの袖に変わり、サンダルも靴になっています。

こうして秋を迎えるこの時期、美味しいものが待っている

わくわくな時期です。

コスモスが可愛くて注文のコンポジションに

紫陽花と山牛蒡を合わせて使ってみました。

かなり大きめのコンポジションです。

 

 

もうすぐレッスン再開です。9月レッスンスケジュールです。

皆様楽しみにお待ちいたしておりますね。

 

 

生まれ変われるものなれば・・妄想編

うんざりするほどの照りつける太陽を

恨めしく思いながら過ごすのが夏の風景

今年は曇りや雨が多く、不完全燃焼のまま秋にはいりそうですね。

 

昨日行って参りました!

夢の午後@フェスティバルホール

バレエ公演 ルグリ・ガラ

10分ほどの演目を16作品

クラシカルとコンテンポラリーな演目が

バランスよく構成されていてそれはそれは

素晴らしい公演でした。

 

人間業とは思えない華麗な動きと美しい笑顔のなかに

たゆまぬ努力とたぐいまれなる才能と運、

 そして持ち合わせた容姿

すべて揃った一握りのエリート

一瞬の輝きのために費やされた時間と努力

生まれ変われるものなれば

バレリーナになりたいと

真剣に勘違い妄想を抱いてしまいます。

まさしく夏の夜の夢!!

 

すきな本を読み、ちょっとした片付け・・

一日はこんなに長かったんだとつぶやく日々を過ごしております。

9月になればまた慌ただしい日常が戻ります。

もう少しこの怠惰な時間を楽しみたいと思っています。

妄想も含めてね・・。

9月にお目にかかるまで・・・。

 

 

 

平和への祈り

小学校の修学旅行は長崎だった。

原爆記念館でみたすべての

現実を受け入れられずにしばらくは

残像におびえ暗闇が怖かった記憶がある。

 

花を見て美しいと思える平和は

当たり前ではない。

平和は努力し協力しなければ得る事が出来ないのだ。

使わない事を前提にしながら

作り続ける核の矛盾。

心から平和を祈らずにはいられません。

 

 

 

 

 

西洋人参ボクとヤマボウシの夏仕様ブーケ

 

滞在時間24時間のTOKYO出張。

夏休みを忘れていて予約なしで飛び込んだら

なんとキャンセル待ち。

はい、ここまでとビシッ!!後一人どうにかして・・・。

 

まあ、仕方ない次の便で・・・

と言っても1時間まてばいいのはドル箱便の強み。

飛行機も大きくて豪華だし、快適。

熊本便なんてプロペラ機、タラップまで階段降りて

暑い滑走路を横切るんですから・・・。

全くおなじ料金なのに扱いがちがうってどうよ?

とおもったTOKYO出張でありました。

タクシーの初乗りが410円になっていたことに

いたく驚き、オリンピック前の建築ラッシュを

冷ややかに横目で見ながら帰ってきました。

やれやれですわ。

 

すずしげなヤマボウシはあちこちに動き回り

大好きな花です。

久しぶりにきていただいたyさん、

大胆な流れをいかしてさっと仕上げて下さいました。

勢いをもって作るブーケは仕上げもドラマティックです。

ブルーのシャツにお似合いです。