Go to 屋久島

 

キャンペーンに乗っかかり秋の束の間の旅行に行ってきました。

なぜ屋久島?

特に理由はないのですが人混みを避けて離島がいいのかと

簡単な発想でした。

生憎の雨、、、、そうなんです屋久島は一年366日が雨という伝説が。

晴れたらラッキーと思いながら、風に煽られたプロペラ機は無事に

宮之浦空港へ着陸。

二泊三日の旅は帰る日をのぞいて雨ばかりでした。

屋久島の原生林は苔とシダ類のグラデーションの美しい

緑と雨粒の控えめな輝きがカサカサの心?に潤いをくれました。

何があるわけでもなく、杉と人の気配のない苔の道。

屋久杉を抱く動作は今は禁止されているということ

人の足跡が生態系を破壊するらしいです。

コンビニもほぼなく夜は真っ暗で誰もいない。

離島は何度か行っていますがこんなに自然が残っていて

素朴な感じの島は初めてでとっても新鮮でした。

しばし眺めてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。