コブのない駱駝

 

京都、小雨、路地、カウンター、和食。

ワクワクする響。

小雨混じりの中傘をたたみながら

只者ならぬ雰囲気の女性がお隣に。

カウンターにのせられたキリッと冷えた白ワインが美味しそうで

グラスで注文したらボトルしかないとのこと。

迷っていると、よかったら一杯いかがです?と

断る方が無粋な気がしてすぐに

喜んでいただきます、と私。

聞けばお医者様、話し込むと昭和のフォーク界を揺るがした

北山修の後輩にあたるということ。

何を隠そう彼の大ファンで、身を乗り出しておしゃべりに花が咲きました。

その時にこのタイトル「こぶのない駱駝」を進めてくださいました。

梅雨空にぴったりの内容で完読しました。(意味深)

女医さんでありながら結構いける口という同志感。

素敵な宵となりました。

 

 

コメントは受け付けていません。