世界麺紀行@釜山編

G20の厳戒態勢を横目に日本脱出計画。

福岡からで釜山まで50分のフライトは

大阪から福岡行く時間より短くてあっという間に到着。

 

特に決まった計画もなく(いつものように)

行ってから決めるざっくりした旅。

台風、雨もどうにかぶっ飛ばし街中を散策。

麺大好きマダムとしては外せないこの夏の麺コングクス

大豆で作った冷たいスープはほとんど塩味なしで

左に塩があり好みでかけます。

全く豆味のみ。でもこのスープが絶品で体に優しく

韓国の夏の定番麺だそうです。隣のキムチがまた美味しくて

お代わりしちゃいました。

ロッテホテルのフードコートカウンターのみですが地元の方で満員

次の日も食べに行ったら完売でした。

 

そしてディープな路地にもこんな地元麺が。

夜に通った時に明日の朝にと約束したらおじさん覚えてくれていました。

目の前で麺打ちして店の前で湯切り、つゆかけという

美味しいに決まっている手順で出来上がり。

上に乗ってる白いものはニンニクですが、さすがに少し減らしてほぼ完食でした。

薄味で野菜たっぷりアツアツ、ふうふう、カクテキ一口。

朝9時に元気出そうな釜山式うどんは出勤前、昼食、一日中食べれます。

特に観光はせず食べてばかりでしたが辛くても塩味ではないので

とても健康的です。

帰国して食べたうどんがやたら塩っぱい気がしたぐらいに

韓国の麺はだしが独特で、量を食べても喉の渇きがありません。

他にも麺をいただきましたがオススメはこの2つです。

 

途中スイカ売りのトラックと遭遇。

一個買う時、半分に割ってくれてナイフで一切れ差し出され

甘ければ買うというシステムが実に新鮮でした。笑

甘くなければ別を切ってくれます。

 

さて7月もレッスンしますよ。

8月から9月半ばまでお休みをいただきますので、

今月お待ちいたしております。よろしくお願いいたします。

 

コメントは受け付けていません。