サンタの正体

古今東西、サンタクロースを待っている子供達の今日。

あれこれ、欲しいものをそれとなく聞く冬の団らん。

いつしか人形だの合体ものからファミコンのソフトへ変わり

流行ものは現実的なものになっている。

 

 

おもえば小さい頃、枕元に置いてあった近所の玩具やの

包装紙にサンタはどうやって近場で買い物をするんだと

子供心に真剣に悩んでいたものだ。

あの頃、寝る前のワクワク感は想像しがたい

喜びに満ちていた。

サンタの正体がわかる年にはワクワク感も

何処へ消えて、ロマンティックなイヴを誰と過ごすかだけを

考えていた。いつも女子会だったけれどね。

今、こうして年齢を重ねると何が一番のプレゼントかと言えば

目に見えない、想像の世界だけで広がるあの夢心地の

イヴの夜、お手紙何ぞを携えて休み、

願わくば遭遇したいと真剣に神様に祈る

あの時間ほどの

プレゼントがあるのだろうかとしみじみ考える。

サンタの正体など一生知らなくてよかったのに・・。

 

 

コメントは受け付けていません。