ちょっと早めの紅葉散策へ

11月は記念日の多い月、少し早めの紅葉

散策に嵐山へ。

何故嵐山?特に理由はなく思いつきだ。

用事を済ませての到着はほぼ夕暮れで

若者の喧噪以外に感じたことは

高い建物がないなというくらい。

さて一夜明けると目の前に

保津川が渡し船といっしょに

ゆらゆらと流れていた。

お天気にも恵まれ色づき始めた木々もきれいだ。

修学旅行生と観光客の合間を縫うようにお決まりの

竹林へ。

かぐや姫でも出てきそうな幽玄な・・・

と言いたいところだけれど

この写真の下の方は人の頭で混み合っております。

一時間ほどの私なりの散策を終え、宿泊のホテルへ戻る

道のりに初めて京都らしい一瞬に出会えました。

保津川沿いを歩く修学旅行生と紅葉と山々。

ここに住居があればいつもこのようにひっそりと

嵐山を眺めていらっしゃるのではないかしら・・・。

溢れ帰る人ごみと喧噪のなかで

誰も通らない路地裏が一番

印象的だったという

ひとときの息抜きでありました。

そういえば京都大好きフランス人

ヴァンソン・ラサール氏がもうすぐ関西に

やってきます。楽しみです。

 

12月レッスンスケジュールこちらからどうぞ

早くも満席日ありです。

コメントは受け付けていません。