何はともあれヴァンソンレッスン初日

到着しました、オルリー空港。

ん?タクシー乗り場でお客さんと何やらもめてる。

犬を車に乗せないでくれとタクシー。

粘るお客×運転手・・あぜんと見守る我々。

そのタクシーに乗るはめになって

運転手の愚痴を聞いておりました。

しかしみんな自己主張するな^^^

と妙に感心しておりました。

さてやってきました2年ぶり、この方のもとへ。

哀愁漂う敬愛するフローリスト

IMG_9298

一服が終わりレッスンデモの始まりです。

IMG_9310

投げ入れレッスンを希望しました。

写真も途中で忘れるほどに見とれておりました。

枝ものを使ったヴァンソンの投げ入れの

フォルムは実際にみると

流れるように美しいです。

で・・。私の登場、同じポーズをしておりますが

ドンピシャ写真の女王、斉藤由美の作品でございます。笑

しばしのお目汚し。小さめで。

IMG_9359

バラの実と紫陽花、ユーカリ(かなり大きい)アマランサス、

アマランサスも深みのある秋色。

苦手意識があったけれど、

こんな大きな作品にはとても映えますね。

IMG_9370

直接森から運んでくれる人から買い付けをしているので

枝物も野性的で伸びやかですがとげがいっぱいでした。

それを気をつけるようにいいながら自分は血だらけになって

挿しやすいように配慮してくれるヴァンソン。

出来上がりには

いつもながら褒め言葉満載でした。

うれしいですよね、素直に。

もう一方の作品は帰国で持ち帰ることが出来ないので

そのままピエールエルメの自宅に飾ることになりました。

私はホテルへ持って帰りこんな感じで。

IMG_9372

同じ作品を同じパリの空の下、あのピエールさんと(知らないですが)

感激を共有できました。

ホテルの部屋にも似合っていて、花器を用意してくれましたが

見事にひっくり返って水浸し。帰るまで湿っていました、絨毯が。。・。

すいません。。

さて明日は第二弾パリ色ブーケです。

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。↓

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

コメントは受け付けていません。