そして今年も母の日がくる。

雨の祝日、前日に夕飯を一緒にどう?というメールに

返信が来なかった長男が蕎麦屋に行こうとのお誘いが・・・。

二日酔いの顔で待つ彼の顔をしばらく遠くで眺めていて

すっかり社会人の顔だなと呟きながら、

久しぶり・・と言葉を交わす。

暖簾をくぐるまで自然にエスコートしてくれるその仕草は

母が今まで子供達にしてきた動きそのもので

いつの間にか立場が変わっていた。

息子達には何気ない動きでも老い行く母には

小さな事でも成長がうれしい、むしろ小さな事の方が

感激するのだ。

電車に乗ったときに自然にかばってくれる一言・・・。

私がどこへ行くにも離さない宝物は

キャンプで拾ってきてくれた石ころと

クリスマスに母を労る手紙をサンタさんに書いた手紙だ。

3人の息子達は決して優秀でも男前でもないけれど

心だけは豊かに育ってくれたと思う。

私の知らないところで兄弟で励まし合ったりしているようだ。

親が口出しできない男兄弟としての絆がある事がとても誇らしい。

そうやって世代が交代していくものなのだ。

ママとしてだけの20数年が

一人の女性として生きていく覚悟を決めたママを

どう受け止めてくれるのか・・。

今年の母の日のプレゼントは私からリクエストしようかしら。

いいかな?

ランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。↓

にほんブログ村 花ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
にほんブログ村

 

 

コメントをどうぞ

コメントを投稿するにはログインしてください。