2019 年 7 月 のアーカイブ

前期レッスン終了いたしました。

昨日レッスンで前期が終了いたしました。

どんよりした雲を晴らすように鮮やかな赤を

ご用意しました。

9月半ばより後期レッスンスケジュールをお知らせいたしますので

またよろしくお願いいたします。

 

 

 

ひまわり娘

このタイトルで鼻歌がでる方々はまさに昭和の友。

毎年この時期に市場に行くとこの歌が

グルグルと勝手にリフレインして困ります。

どんよりとしたお天気が続き、降るなら降らんかい!!と突っ込みたくなる

面倒臭い天気です。

お名前が陽子さんとおっしゃるのでまさにこの花は

太陽の申し子・・とばかりに毎年組んでいただいております。

毎回違った表情を見せてくださるテクはさすが上級クラス。

短く切ってしまわずに長い茎を生かそうとやや横長に

組んでいただきました。

よく見るとひまわりの後ろ姿も可愛いですね。

白い花はラクスパー、甘くなりすぎる白と黄色の組み合わせを

あえて変形して辛口に仕上げます。

シャツまで黄色だったのは本当に偶然でした。

ああ!太陽が恋しい!!

どこに隠れてるの?早く出ていらっしゃい!!

コブのない駱駝

 

京都、小雨、路地、カウンター、和食。

ワクワクする響。

小雨混じりの中傘をたたみながら

只者ならぬ雰囲気の女性がお隣に。

カウンターにのせられたキリッと冷えた白ワインが美味しそうで

グラスで注文したらボトルしかないとのこと。

迷っていると、よかったら一杯いかがです?と

断る方が無粋な気がしてすぐに

喜んでいただきます、と私。

聞けばお医者様、話し込むと昭和のフォーク界を揺るがした

北山修の後輩にあたるということ。

何を隠そう彼の大ファンで、身を乗り出しておしゃべりに花が咲きました。

その時にこのタイトル「こぶのない駱駝」を進めてくださいました。

梅雨空にぴったりの内容で完読しました。(意味深)

女医さんでありながら結構いける口という同志感。

素敵な宵となりました。

 

 

世界麺紀行@釜山編

G20の厳戒態勢を横目に日本脱出計画。

福岡からで釜山まで50分のフライトは

大阪から福岡行く時間より短くてあっという間に到着。

 

特に決まった計画もなく(いつものように)

行ってから決めるざっくりした旅。

台風、雨もどうにかぶっ飛ばし街中を散策。

麺大好きマダムとしては外せないこの夏の麺コングクス

大豆で作った冷たいスープはほとんど塩味なしで

左に塩があり好みでかけます。

全く豆味のみ。でもこのスープが絶品で体に優しく

韓国の夏の定番麺だそうです。隣のキムチがまた美味しくて

お代わりしちゃいました。

ロッテホテルのフードコートカウンターのみですが地元の方で満員

次の日も食べに行ったら完売でした。

 

そしてディープな路地にもこんな地元麺が。

夜に通った時に明日の朝にと約束したらおじさん覚えてくれていました。

目の前で麺打ちして店の前で湯切り、つゆかけという

美味しいに決まっている手順で出来上がり。

上に乗ってる白いものはニンニクですが、さすがに少し減らしてほぼ完食でした。

薄味で野菜たっぷりアツアツ、ふうふう、カクテキ一口。

朝9時に元気出そうな釜山式うどんは出勤前、昼食、一日中食べれます。

特に観光はせず食べてばかりでしたが辛くても塩味ではないので

とても健康的です。

帰国して食べたうどんがやたら塩っぱい気がしたぐらいに

韓国の麺はだしが独特で、量を食べても喉の渇きがありません。

他にも麺をいただきましたがオススメはこの2つです。

 

途中スイカ売りのトラックと遭遇。

一個買う時、半分に割ってくれてナイフで一切れ差し出され

甘ければ買うというシステムが実に新鮮でした。笑

甘くなければ別を切ってくれます。

 

さて7月もレッスンしますよ。

8月から9月半ばまでお休みをいただきますので、

今月お待ちいたしております。よろしくお願いいたします。