‘作品(上級)’ カテゴリーのアーカイブ

さあ、12月。

今日からアドヴェント、クリスマスまでの4週間

キリストの誕生を心待ちにする日々の始まり。

最近のクリスマス商戦は早すぎて、既に10日頃には

いささか飽きてきてしまうかな。

あのうきうき感も長すぎると薄まってしまうというのが

現実だ。

寒いと心なしか電飾もきれいに見える。

買い物客でごった返す百貨店もこの時期らしいディスプレイ

なんだかんだ言っても12月は無駄使いをするように出来ているのだ。

いかんいかん、財布のヒモをしばし閉めなくてはね・・・。

このダリアは存在感の女王のような気がする。

他の花を平凡に見せてしまう圧倒的な個性。

お見事です。

 

に比べれば可憐でどんな枝とも相性抜群のバラ姫。

どちらも女心をくすぐりますね。

ああ、可愛い!!

 

虹が見えた朝に。

朝早くに仕入れにいくための早起きは

時にはめげそうになるものの、いやではない。

運転席からみる日の出が大好きだからだ。

東へ向かって走るとき真正面に見える瞬間がある。

本当にきれいだ。

   

心に小さな傷を抱えて

向かえた朝は、音楽も見方に

ちょっと泣けてきたりして、一人感傷にふける。

先日の台風一過の朝、満足度の高い仕入れの帰り道には

虹が川のような流れで

きれいなレインボウカラーを描いていた。

なんだかとっても得したような朝。

澄んだ空気が山々まで見通せて強い風は

あらゆる澱みを吹き飛ばしてくれたようだ。

早起きが体に染み付いた花屋家業も

まんざらではないというものね。

 

晩秋にはいる昨今、そろそろお気に入りの

コートを出しましょうか。アウター好きの私には

寒さはすこしばかりお楽しみです。

庭で撮る写真も冷たい空気はぴりっとします。

 

 

 

 

ナナカマドとダリアの秋満載ブーケ

めっきり冷え込んだ今朝。

そろそろ寝具も変えどきかしらと考えながら

暖かい飲み物にほっとした朝。

名月はお団子で楽しみ、早々に休んでしまった。

所用で東京へ駆け込み、帰路は伊豆辺りの散策を急に思いつく。

(いつも駆け込み旅だ)

いやはや単線とこだまを乗り継ぐ旅なんて初めてだ。

とんでもなく時間がかかる。

各駅で止まる電車は、10分ほど信号待ちですとアナウンスがある。

えーーー!!10分も!

長い!!

新幹線など降りる前から速やかに乗り降りしてくれと言われる。

一秒さえも誤差はしたくないのか?

当たり前のように定時に動く生活に慣れてしまって

この10分に動揺し焦る。

そんなに急ぐ理由もないのに。

いつの間にかせかせか人間になっているのね。

伊豆の景色は海が見えると、やがて山の景色にくるくる変わる。

人々も緩やかに動く。

忘れかけていた追われない生活を思い出した。

電車の中で、さて伊豆の踊り子をもう一度読み返してみようかなと

思いながらここでも山口百恵が出てきてしまう昭和のスターは

底力があるなあ。

 

ナナカマドがきれいです。

 

 

松茸騒動

ゴルフコンペで松茸がgetできたぞ!!

鼻息荒く電話があったので、早速ハモ、エビ、銀杏等

百貨店の地下に走った。

松茸ご飯もいいかな?

保存方法は寿司屋で秘策を聞いたので

10日は持つな、しめしめ・・。

と想いながら、心待ちにしておりましたら

あらあら手ぶらです。

聞けば同じラウンドで、来客ありの話を聞いて持っていってもらったとの事

まあ仕方ない、白いご飯にハモの吸い物で主役なしの

夕食となりました。

お楽しみはちょっと先に延ばしましょうか・・・。

こちらは主役のダリアが遠慮がちですが、万作も

コスモスも鈴バラも良いバランスでいい味出してくれています。

ごちそうさまでした、

ではなくて素敵な仕上がりでしたと言わねばなりませんね。

 

 

器用不器用 得手不得手

なんだか中国語みたいな羅列になってしまいました。

レッスンが始まり、さあ、きれいに片付けた完璧だわ・・・

のつもりでもどこかすっきりしていない。

そうです、根っからのきちんと整理派ではないのです。

掃除をしてくださる生徒さんの段取りの良さに

見とれて、花を褒めるのを忘れて掃除が上手ですねとか

言ったりする。あらあら。

そして手先も決して器用ではありません。

ヒモを結べばすぐにほどける

大根を切れば、揃っていない。

掃除に始まり掃除で終わり、ラッピングもあるこの仕事を

生業としているのが不思議なくらいです。

そういえば信じられない事に

パリの由美さんも不器用だったとおっしゃっていました。

結局好きな事を続けていける熱意!

それが得手という事じゃないかしらと

どうしたらうまくできるようになりますか?

という問いへの私なりの当たり前すぎる答えでありました。

 

オレンジのダリアと万作、コスモス、

ヘンリーディーンの茶系の器に秋の花が映えます。

 

バラとフランボワーズの優雅なブーケ

 

し、しまった!!

なにげにダウンロードしたら

よろしくないサイト(アダルト系ではないです)だったようで、

初期設定にする方法を提案され

パソコン入院中であります。

あーあ、なんてことだ!!

時間もお金ももったいない事をしてしまったわ。

暑さで注意力まで散漫になっていたのかしら

これをみて立て直さなくっちゃ・・。

写真上手な生徒さんの加工を真似してみました。

 

向日葵とウイキョウのブーケ

ウイキョウはフェンネルと呼ばれているの?よのね確か。笑

そう言えばアロマオイルでこんな香りがあったような気がしますね。

向日葵は顔が片面に倒れて咲いていることが多くて

扱いに苦労するじゃじゃ馬的な花だわ。

たまに見事にぱきっと折れたりするのもまあ潔いとも言えるかしら・・。

8月レッスンは休みですので、思いっきり夏の花を

使って見ました。

違った色の向日葵とウイキョウはアトリエが

明るくなり曇り空が明るくなっていくようでした。

 

紫陽花とベロニカの優雅なブーケ

 

梅雨の合間の晴れわたる6月、帰省してまいりました。

地震の爪痕の残るお城や家屋は少しずつ修復されていました。

空港へ向かう道、一切の看板がない美しい街路樹があります。

その道路は青々と目に優しく、木々も風にゆらゆらと揺れておりました。

 

 

ここは細川家のお殿様細川護煕氏の美意識をもって

殿の一声で出来上がりました。(と聞いています・・・。)

この道を通るのも帰る楽しみでもあります。

 

そしてこれもまた美しいグリーンで仕上げた美意識の高い逸品であります。

 

 

 

爽やかさ満開 ブーケヴェルディール

梅雨の合間のこの美しい青空に似合います。

体調のすぐれない中来てくださって

こんなに綺麗に出来上がりました。

 

お疲れ様です、そしてお大事になさってくださいね、t様。

 

土曜日から体験レッスンの方が多く来てくださいます。

6月からのお問い合わせの多さに心より感謝いたしております。

暑くなるこの時期からの開始に

夏仕様に工夫したデザインを考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

由利

 

魅惑の赤い芍薬とディアポロのブーケ

もうすぐ芍薬も終わりでしょうか?

先月は芍薬を満喫できました。

枝ものも豊富なこの時期は花選びにも

うれしい悲鳴です。